レイクは銀行カードローンって知らない人も多いのではないでしょうか。レイクは新生銀行に買収され、新生銀行レイクとなり銀行カードローンとして生まれ変わったのです。

 

レイクは銀行カードローンで唯一、新規審査通過率となる成約率を公表しています。その貴重な新生銀行レイクの成約率は、2015年7?9月で33.9パーセントと発表されています。

 

新生銀行のグループは、海外の投資ファンドに買収された、最近まで親会社でしたので、非常にリスクをとってリターンを得る企業カルチャーで知られています。その新生銀行の成約率が33.9パーセントですから、その他の銀行カードローンはそれよりも低い、概ね20パーセント?33パーセント位ではないでしょうか。

 

5人〜3人に1人の審査通過率ですから、かなり門は狭いと言えますね。

 

この厳しい銀行カードローンに通るコツは変な事を言いますが、借金をしていない状態で申し込む事です。消費者金融2社から借入があるだけで、銀行カードローンの審査通過率はかなり厳しくなると言われています。

 

総量規制一杯まで借りている人も、保証会社からのほしょうを受ける事が出来ず、審査通過率はかなり低くなっています。
銀行カードローンの審査に通りたいのであれば、借入の大半を返してから申し込まなければいけない事を覚えておいて下さい。