無利息サービスやネットサービスで人気を集めているレイクですが、審査につきものである電話連絡は欠かすことが出来ません。電話連絡には本人確認の連絡と勤務先への在籍確認の連絡の2パターンに分けられますが、特に後者は自分以外が電話に出る恐れがある勤務先への連絡となるためにキャッシングがバレないか不安ですよね。そこで審査に申し込む前に2パターンの連絡の内容を見ていきましょう。

 

まずスマホからネット申し込みをすると約30分位でレイクから指定した連絡番号に本人確認の連絡があります。ここでは担当者より申し込み者と電話先の人物が同一であるかの確認である本人確認と、申し込み内容に矛盾や問題がないかの質問と内容確認が行われます。

 

続いて本人確認連絡後に勤務先への在籍確認の連絡が行われます。この在籍確認は本人と話をするために行うのではなく、その勤務先でちゃんと本人が働いていることを確認するために行われます。気になる内容ですが、レイクの担当者より申し込み者の在籍を尋ねる電話連絡があります。その際にはレイク担当者は社名を名乗ることなく個人名にてあなたの在籍を尋ねます。もしも要件や伝言の有無を尋ねられても担当者は絶対に答えることはありません。また掛け直しますという流れで再度在籍確認を試みます。逆に在籍を尋ねた相手から申し込み者の在籍が確認出来れば完了となります。仮にアルバイトなどの場合ですと、接客中ですとの回答や本日はお休みしてますという回答でもOKとなります。

 

この様に勤務先への在籍確認は突然あなたに個人名にて連絡があるため少なからず同僚などが不審に思うケースもあることでしょう。その際は事前にクレジットカードの審査の連絡や投資目的に証券口座を作ったので証券会社から確認連絡があることなどを伝えておくとバレずにすむでしょう。審査において不安な電話連絡ですが事前に内容を把握していれば気軽に申し込み出来ますね。